どんな保険があるの?ペット保険の内容と選び方

ペット保険とはどんなもの?

可愛いペットを飼い始めた時には、子犬のしつけやお世話などで忙しく、保険のことまではなかなか思いつかないことも多いです。とにかく元気な若いころにはペット保険のことは全然気にならないものですが、ペットも年を取るにつれ身体が弱くなり、病気になるなど病院に通う回数が増えるようになります。動物病院は保険外診療のため治療費も高く、突然の急な出費は大変!そんな場合に役に立つのがペット保険です。いろいろな種類があるペット保険ですが、どのような保険を選ぶと良いでしょう。

どんな時に保険が使えるの?

ペット保険は、補償内容によって保険が適用になる場合がいろいろあります。通院、手術、入院全てが保障され、病院にかかった全ての場合で保険の補償額が戻ってくる保険や、手術だけが補償対象になっていて通院の場合には全て自己負担になる保険など、対応している内容がそれぞれ異なるので保険の内容はしっかり確認して保険を選びたいですね。補償内容を広げると保険料金も高くなりますが、身体の弱いペットには安心です。ただ、健康診断や歯石取りのようなメンテナンス的なものはどこの保険会社でも保障対象外になります。

保険料はいつ支払われるの?

補償対象になる治療を受けた場合には、保険料がいつ戻ってくるのか気になりますよね。実はそれも保険会社によりさまざまなパターンにわかれています。大きい保険会社では、動物病院の窓口で保険料の補償額がすでに差し引かれて請求されるため、窓口では自己負担分の支払いだけで済む場合も有ります。ただ、多くのペット保険では一旦窓口で全額を支払ってから、必要書類を郵送で保険会社に提出、後日補償額が自分の口座に振込まれるという流れになります。手続きが面倒な方には窓口で自己負担額のみになる保険もおすすめですね。

ペット保険とはペットにかける保険の事で、人間と違い公的健康保険がなく高額になりやすいペットの医療費を安くするためのものです。