自分でもできるし、専門的な手入れも必要になる

常に動かすようにしておく必要がある

一般的な腕時計では、電池が入っていたり、ソーラーエネルギーなどが使われます。電池が残っていれば動き続けますし、太陽や光があれば止まることはありません。機械式腕時計は、ゼンマイで動かす時計になります。タイプは複数あり、自分でゼンマイをまくタイプと、自動的に巻いてくれるタイプがあります。普段から身に着けていれば止まることはほとんどありませんが、しばらく使わないなら振動を継続的に与える装置にセットしておく必要があります。

メーカーにオーバーホールの依頼をする

家電製品などは、一定期間利用すると利用できなくなります。その時には買い換える必要が出てきます。普通の腕時計も多くは一定期間しか利用することが出来ません。機械式時計の場合は、一生、永遠に使い続けることが出来るとされています。ただし、そのままにしているのは良くありません。定期的にメーカーにオーバーホールに出します。メーカーの方で分解をして、中にたまったゴミなどを掃除してくれます。これによって永久につけい続けることが可能になります。

自分なりにベルトなどを交換する

腕時計には、ベルトがついています。金属製のベルトもあれば、革製、ゴムなどの素材で作られているものもあります。購入した時は固有のベルトがついていますが、一応それらは交換することが可能です。いつもとはちがった雰囲気で利用するのであれば、ベルトを交換すると良いかもしれません。ビジネスでは金属のベルトの方が良いでしょうし、カジュアルなら革のベルトなどがぴったり合うこともあります。自分でも簡単に交換ができます。

ダミアーニとはイタリアの高級宝飾メーカーです。歴史が深く、品質、技術、デザイン共に優れ、世界中の人を虜にしています。