思い立ったらすぐに準備!古着の正しい売り方

クローゼットの中を整理しましょう!

クローゼットに入っている着ていない洋服はありませんか。セールの時に勢いで買ったもの、友達が買ったからついつい。衝動買いをしたけれど一度も袖を通していないなんてことはありますよね。洋服ダンスのスペースは限られています。気になったときには古着買取業者に引き取ってもらいましょう。ですが、売り方にはポイントがあります。まず、きれいに洗濯してアイロンがけ。コンディションは整えておきましょう。これは最低限、必要です。

思い立ったらすぐに動きましょう!

そして、思い立ったら即行動に移しましょう。日本の古着業界、大都会の一部ショップを除けば本当の「古着買取」は少ないもの。海外であれば20年前の洋服でも取扱がありますが、日本は事情が違います。人気ブランドのものでも、買い取ってもらえるのは販売から1年以内の商品。まれに2年以内でも大丈夫なブランドがありますが、旬は短いです。着ないと判断したらすぐに売る準備をするのが賢い選択。購入時から1年ではなく発売から1年。厳しいですね。

新品やタグの付いた洋服は高値買取!

誰でも、使用感のある洋服を買うのには躊躇しますよね。ですから、袖を一度も通していない商品や購入時のタグがそのままついたものは高く売れます。また、売る時期は大切です。夏物は春先、冬物は秋口には売りに行きましょう。シーズンを押さえるのは重要ですよ。買取店に在庫を置くスペースはあまりありませんよね。買い取ったらすぐにショップに並べられるものが一番。ニーズを考えて売りに出しましょう。使わない洋服は綺麗な箱にまとめておくと便利。売るタイミングが来たらすぐに動けますよ。

古着の買取で面倒な店頭持ち込みや査定等の待ち時間をとることなく、梱包して発送するだけで簡単に買取してもらえます。空いた時間にタンスの整理ができて便利です。